アッシュ系をうまく楽しむためには

アッシュ系をうまく楽しむためには

アッシュ系でカラーリングをしてみたけど上手くいかない、という経験をした事がある人は、それが美容師や薬剤のせいだ、と決めつけるのではなく自分の素の髪色との相性を一度美容師に相談してみるとよいと思います。もちろん本来は美容師の方がその事に先に気付くべきなのかもしれませんが、お客さんの方が多少でもその知識を持っていれば話がスムーズになると思います。例えばアッシュ系にマット系をミックスすると最初にアッシュ系と相性の悪いメラニンの強さを抑える事が出来る様なんですね。ブリーチなどで色を抜くよりもその方が効果があるケースも有りるようです。色落ちに関しては一番影響が大きいのはカラーリングとのシャンプーだと言われています。洗浄力の強いシャンプーなどを使うとアッシュ系に限らず色持ちは悪くなります。少しでも長持ちさせたいならばまずは毎日使うシャンプーから見直すのがいちばんだと言われています。カラーリングをしている髪の毛のためのシャンプーなども最近は数多く販売されています。その中でもよりカラーを長持ちさせる成分が含まれているものを選んでみるとよいでしょう。発色に関してはどうしても試行錯誤しなくてはならないかもしれません。そのためにはすぐに美容師のせいにして担当を変えるのではなく、一人の美容師とじっくり付き合って何度か試しながら最善の策を探るのもひとつの方法ですね。私達がカラーリングをする時に、一番人気のカラーと言えばアッシュ系だと思われます。ですが意外とこのアッシュ系でカラーリングをした人の中には、そのあとで「すぐに色が落ちてしまった」とか「思ったほど長持ちしない」という不満も聞かれるんですね。実はこれらの声の要因となるのは日本人を含むアジア人特有の髪の毛の色素だと言われています。人の肌や髪の毛の色を作っているのがメラニン色素なのですが、そのメラニン色素には種類があるんですね。その種類のバランスによってその人種の肌や髪の毛の色が決まってくるのですが、そのバランスがカラーリングに大きく影響するようなんですね。ですから日本人の髪の毛のメラニンの種類のバランスはアッシュ系の効果を引き出しにくい様です。どうしても赤っぽさが残ってしまって思っている様な発色にならなかったり、すぐに落ちてしまうような事が頃う様です。同じ日本人でも茶色や赤味が強いメラニンが多く含まれている人の方が、こういう現象が起こりやすいようです。つまり自分の髪色がもともとどの様なバランスになっているか、という事が解っていれば、うまくカラーを調整して自分の思っている髪色に発色させることが出来る様なのですが、その調整が出来る美容師さんを探してお願いしなくてはなりませんね綱島の美容院

 

http://www.sk-ii.jp/ja/