大規模から小規模へ

大規模から小規模へ

独立する事は悪い事ばかりではありません。たとえばこれまで大規模な美容室で雇われていた美容師にとって、新しく自分で開業した美容室であれば一国一城の主です。これまでは大きな美容室の歯車の一つでしかなかった、と言う美容師であっても、一つのお店を持てば自分のカラーを前面に出す事も出来ます。大きな篠崎駅の美容室が求人で社会保険であれば一人のお客さんと関わる時間は短かったケースが多いと思います。シャンプーやトリートメント、マッサージと言った類の事はアシスタント任せになっていて、一人のお客さんと最初から最後まで関わるような事は無くなっていた美容師もいた事でしょう。そんな美容師が独立した時には改めて一人のお客さんとじっくりと関われるようなスタンスで小さな美容師うと営む事になっているかもしれません。そうなると付いていくお客さんにとっては嬉しい限りなのではないでしょうか。実際にあんまり自分の担当美容師であるにもかかわらず部分的にしか関わってもらえなかった事に不満を抱いていたお客さんもいるのではないでしょうか。独立先のお店はこれまでのお店よりも規模がずっと小さいけれども、その代わりその美容師がじっくりと関わってくれるようになったので嬉しい、という声もきかれます。それこそが自分の理想だった美容師も多い事でしょう。いくら美容師としての腕があって指名をたくさんもらうような美容師であっても、雇われているのと美容室を自分で経営するのとでは仕事の厳しさは全く違ってきます。独立してお店を構えて逆に人と雇うような立場になっていたなら尚更です。経営が上手くいかなくなって困るのは自分だけではありません。従業員の給料が支払えない、と言う状況が一番大変なんですね。そうならないためにおそらく独立した美容師は必死になって働く事でしょう。そういう立場になってみると、これまで雇われていた時のような態度で無くなってしまう事も多々あると思われます。たとえば美容室に雇われていた時には、たとえお店から物販に力を入れる様に言われていたとしても、率先してやらなくても何とかなっていたこともあったかもしれません。ですが自分が経営者となった場合には話が全く違ってきます。少しでも売り上げを挙げなくてはならない、という危機感が出てくると、お客さんに対してもこれまでよりも強引に専売品を勧めなくてはならない状況にもなってくるかもしれないのです。時々「独立したお店について行ったけれども、その美容師が人が変わったような感じになっていた」と言う話を聞くことがありますが、それはまさに経営者となってこれまでとは違う立場になってしまったからでしょう。