独立する美容師についていくか

独立する美容師についていくか

みなさんは自分を担当してくれている美容師さんが独立する、といった事態になった事はあるでしょうか。またそういう事になった時にはどのように対処したでしょうか?独立されて開業された美容室が通えない程の遠方で会った時には、諦めるしかありませんが、通える範囲内であった場合にはその美容師さんに付いて行こうかどうしようか、と迷う人は多いと思われます。おそらく美容師さんの方はあからさまではないにしても「付いてきて欲しい」という気持ちはあるはずだと思いますよね。特に自分のお店を持つ、と言う事に関して言えば経営上先ずは集客が一番大切です。手っ取り早い集客方法としてはこれまで勤めていた美容室で自分を指名してくれていたお客さんをそのまま連れて行く事ですよね。もちろんそういう事をすればそれまでの勤め先である美容室にとっては痛手ですし、そのような恩をあだで返すような事をするのは良くないと解っているので、美容師によってはある日突然独立していなくなっていた、と言うような事もあるかもしれません。ですが本当は付いてきて欲しい、連れて行きたい、と言う気持ちがあるのはどの美容師も同じでしょう。お客さんにとっては、これまでは美容室を選んでその中で美容師を選んでいたはずですが、もし付いていくとなれば、美容師を選ぶのであってお店は選べない、と言う事になり悩みどころではありますね。自分のお気に入りの美容師さんがいるとして、その人を毎回指名しているのはどのような理由からでしょうか。それはもちろん美容師のテクニックだったりトークだったりするのだと思いますが、その美容師がそのような振舞いをしているのは、少なからずそのお店の方針であるケースもよくあります。つまりその美容師はその美容室で育てられ、その表参道駅の美容室が求人の経営者の方針に従わなくてはいけない立場だからです。そして独立する、と言う事はもしかしたらその方針に自分の考えややり方が合わなくなったから、と言う事も考えられます。つまりその自分の好きな美容師がそこにあるのはその美容室のおかげでもある、と言えるのではないでしょうか。ですから考えなくてはならないのは、もしかしたら担当美容師が独立した先では、これまでとは違う面を見る事もあるかもしれない、と言う事なんですね。美容師はこれまでの美容室に居たからこそ、自分はその美容師を気に入っていたのかもしれない、と気付く事も出てくるかもしれません。付いていくかどうかはそういう事も含めて慎重に考えたいものですよね。極端に言えば「美容師を選ぶか」「美容室を選ぶか」と言う事になると思います。一度ついて行ってしまうと、また元のお店に戻る、というのは難しくなるケースも有りますからね。