ドライヤーを当てるイメージ

ドライヤーを当てるイメージ

ドライヤーを使わないで自然乾燥で済ませている人の中には「ドライヤーを当てるのは髪の毛に悪いんでしょう?」と言う人もいると思われます。確かに「ドライヤーを当てるとかみが傷む」と言う話は良く聞きますし、そう言われたら熱い風を髪の毛に当て続けるのは、決して髪の毛に良い状況ではないような気がしますよね。そんな事を毎日やっていると髪の毛がぼろぼろになってしまう、というイメージを抱く人は多いと思います。では本当にドライヤーを当てる事は髪の毛にとって良くないのでしょうか。そうはいっても美容室でシャンプーをすれば物凄い勢いでドライヤーで風を当ててあっという間に乾かしてしまいますよね。髪の毛に良くない事を美容室で堂々とやっている、って少し疑問を感じてしまいますよね。このドライヤーを髪にあてる、と言う事は「熱をあてる」と考えると確かに髪の毛には良くない事なんですが、それよりももっとよくないのは、塗れた状態で髪の毛を放置させてしまう事だ、というのが正解の様なんですね。ですから多くの髪の毛のプロたちは、髪の毛が濡れた状態で寝てはいけない、そのまま放置してはいけない、といっているようです。すぐにドライヤーで乾かして、できるだけ髪の毛が濡れている時間を短くする方が良い、と言う事が言われているんですね。渋谷のヘアサロンでカラーのおすすめクーポンみなさんは、シャンプー後の髪の毛はどのようにしていますか?ドライヤーを当ててすぐに乾かす人、タオルドライをしただけで、あとは自然乾燥で済ませてしまう人、色々あると思います。それはその人の生活習慣によるものかもしれません。自然乾燥をする、と言う人の多くは、シャンプー後から寝るまでに時間がたっぷりある人ではないでしょうか。逆にシャンプー後にすぐに眠りたい、と言う人はさすがに濡れた髪の毛のまま寝るのは良くないので、ドライヤーで乾かす人が多いのではないでしょうか。またその人の髪の毛の長さも関係があるかもしれません。当然のことながらドライヤーを当てる、と言う行為は、髪の毛が長い人であれば時間がかかりますし、短い人ならあっという間に終わります。ですからショートの人はドライヤーをかけるのがそんなに苦痛ではないけれども、ロングの人は時間をかけてドライヤーを当てる事が面倒だ、と感じる人が多いのではないでしょうか。そういった自分の髪の毛の長さや生活習慣によってドライヤーを使うか使わないか、と言う事が決まってきている事が多いと思いますが、それは本人の都合によるものですね。では髪の毛目線で考えてみた時には、ドライヤーで乾かす方が良いのか、自然乾燥の方が良いのか、考えてみる事も必要なのではないでしょうか。