「嫌な事」は必ず伝える

「嫌な事」は必ず伝える

美容師に自分の思っている事を伝える時に、殆どの人が「自分がどうなりたいか」を伝えようとします。それは当たり前のことでもあるのですが、結局伝えきれていない事の方が多かったりしますよね。そしてその仕上がりに満足できなかった時によく思うのは「こんなになるとは思わなかった」という事でしょう。「こんなになる」というのは結果的に自分がしてほしくなかった状態になってしまった、というケースがほとんどでしょう。よくあるのが「切り過ぎた」と言う事です。自分で想像したよりも短くなってしまっていると、不満に思う事でしょう。その時にどのようにオーダーしたか、を振り返ってみると、「3センチ程度きってください」とか「肩のあたりまでにしてください」など「仕上りはこうしてほしい」という希望を伝えている事が殆どでしょう。ですが3センチ切っても毛先が揃わない、と美容師が判断した時にはそれ以上に切ってしまう事もあるかもしれませんし、ワンカールさせると3p以上切ったように見えてしまったり、と色々な事が絡んで結果的に思ったようにならない事も有ります。そういう事を避けるためにまず「なりたくない」「してほしくない」事をしっかりと伝えるのも一つの方法です。具体的に「仕上がりの長さが肩より短くならないようにして」と言っておけば美容師はそのように調整する事が出来ると思います。美容師さんに「こうして欲しい」と伝えたいけれども、なかなか強く言うのは性格的に難しい、という人も多いと思います。「そもそもどういう言葉で表現したら良いのか解らない」とか「細かい事を言いすぎて煩い客だと思われるのも嫌だ」などと思っている人も少なくないと思います。そういう人にオススメなのが「予約をする時に大まかな事を伝えておく」と言う方法です。いざ鏡の前に座って美容師から「今日はどうしますか」と言われると、美容師との距離も近いしもう逃げられないような気持になってしまって言葉に詰まってしまう事もありますよね。ですが予約をする時であれば、電話で相手の顔を見ないで話す事ができます。例え電話の応対をする人が美容師ではなくレセプトの人であったとしても、おそらく話の内容は伝えてくれるはずです。予約をする時に「カットで」とか「パーマで」というのは皆さん言うと思うのですが、そこでもう少し詳しく「今セミロングなのですがショートにしたくて」とか「揃える程度のつもりです」などとどうしてほしいか、をざっくりと伝えておくのです。そうすると担当の美容師はそれを聞いて、あらかじめ心づもりが出来ています。お客さんの顔を見た時に、すでに「こういう感じが良いのではないか」と提案する準備が出来ているはずです。綱島 美容院