髪の毛の乾燥を防ぐトリートメント

髪の毛の乾燥を防ぐトリートメント

いかに髪の毛が静電気の影響を受けないようにするか、という事を考えるのも必要な事ですが、環境や体の内部の対策を考えるだけではなく、髪の毛そのものを守ることを考えなくてはいけない、という事もあるでしょう。まずひとつの対策として髪の毛を乾燥から守る事を考えなくてはいけません。そこで効果的なのは「洗い流さないトリートメント」を使用する事です。最近よく聞く洗い流さないトリートメントはアウトバストリートメントとも言われていて、ヘアオイルと同様の扱いになります。シャンプー後にドライヤーの熱から守る目的て使っている人も多いかもしれませんが、乾燥している髪の毛に直接使うのも効果的です。特に冬場の乾燥した空気の中では空気中の水分量を増やす事を考えるよりも、髪の毛を守ることを考えた方が早いですよね。日頃のシャンプーやコンディショナーによるケアも必要ですが、水分量を逃がさないようにするためには洗い流さないトリートメントも欠かさない様にしたいものです。またそれ以前に気を付けたいのは、シャンプー後に自然乾燥をするのは辞める事でしょう。ドライヤーの熱も当てすぎると髪の毛に良くありませんが、乾燥した空気に濡れた状態の髪の毛が曝される事もかなりのダメージとなります。冬は体も冷えやすいですから、シャンプー後は直ぐにアウトバストリートメントをつけてドライヤーで素早く乾かしましょう。自分の身体の廻りで静電気を起こしたくないのであれば、まずは自分が着用する者の素材にこだわった方が良いと思います。よく経験すると思うのですが、セーターを着たり脱いだりするときに髪の毛が逆立ったり広がったりしますよね。そういった静電気を防ぐためにはセーターの素材にこだわると随分と違います。静電気が発生しやすい、と言われて言える素材は、ポリエステルやナイロン、ウールと呼ばれるものです。逆に静電気を起こしにくい素材は木綿や麻、シルク、皮などです。すべての衣服や持ち物をこれらの素材で揃えることは難しいと思いますが、たとえばウールのセーターを着る時には上着を革製品のものにしたり、シルクのマフラーを巻いてみる、など静電気を起こしにくい素材のものと組み合わせて着用すると随分と違う様です。髪の毛に関して言えば乾燥から避けるために帽子を被る、という事があると思いますが、その時の素材が静電気を起こしやすいものであると、着脱のたびに髪の毛が広がってしまったりするでしょう。帽子の着用には帽子の素材は勿論ですが、髪の毛に静電気が起きにくい様にヘアオイルや洗い流さないトリートメントを付けておく方が良さそうですね。冬のコーディネートには静電気の事も頭に入れて選んだ方が良さそうですね。富里にある美容院