筋肉を鍛える

筋肉を鍛える

実は腰痛に悩む人に必要なのは、筋肉の強化である、と言われてします。しっかりとした筋肉が腰を支える事が出来れば、腰痛になりにくいのです。これは美容師に限った事ではなく、どんな職業の人でも腰痛に悩む人は筋肉を付ける指導をされる事も多いものです。ですが美容師と言う仕事は長時間立っているので辛いものではありますが、運動量としては決して多くは無く、実際には筋肉を使っている時間はあまりないんですね。ですから美容師の仕事を続けていると実際にはかなり運動不足になっている事が多く、筋肉も弱くなってしまっている人が多いのです。ですから30代から40代になるとますます筋肉量が減ってくるので腰痛になりやすくなりますし、治りにくくもなるのです。ですから日頃から筋肉を鍛える事を日課としておくと腰痛も軽減できますし、年齢を重ねてからも酷い腰痛に悩まされる事が少ないかもしれません。一番効果的なのはスクワットである、と言われています。最近よく話題になっているものに「体幹トレーニング」というのもありますが、これもかなり効果があるようです。腰痛がひどい時には筋力トレーニングはやらない方が良いですが、なんともない時にこれらの運動を日課にしておくとよいかもしれませんね。カットをする時の体制でも腰痛担いやすい体制があります。特に女性のロングの髪の毛を切るときにはどうしても体制が前かがみになってしまいます。その体制のままでいるのは結構つらいんですよね。その体制自体も辛いのですがさらに町田駅で美容室の求人は美容師のみなさんはシザーケースを腰に付けていますよね。あのシザーケースは色々な道具が入っていると一キロ以上は有ると思われます。その負担もかかるのでさらに腰には響いてしまうんですね。ですからロングの人のカットをする時にはとにかく自分が前かがみにならないように工夫をする事が大切です。それにはお客さんの髪の毛のカットする位置を調整するか、もしくは美容師自身も椅子に座る、と言う方法があるでしょう。お客さんの椅子の高さをあげるのは、当然ですがお客さんに一声かけなくてはいけませんね。お客さんも目線がいつもと変わるのは何となく居心地が悪いかもしれませんが断りを言って高くしてもらう事で美容師残しへの負担はかなり減ります。また美容師自身が椅子に座る、と言う方法は最近ではよく見かけるようになりました。可動式の椅子なのでとても軽々と美容師の皆さんが椅子ごと移動しているのはなんとなくカッコよくも見えますね。これならシザーケースもそんなに重たく感じないかもしれませんが、どうしても前かがみになるときにはシザーケースを外して置いておくだけでも違うかもしれません。