メイク道具は清潔に保つ

メイク道具は清潔に保つ

普段使用しているメイク道具をいつも清潔に保っているでしょうか?メイク道具を清潔に保つ事は、肌荒れを防ぐためにも、メイクの仕上がりを良くするためにもとても大切なことです。毎日化粧をする人はついつい忘れがちになってしまうかもしれませんが、使った後のメイク道具は雑菌が繁殖しやすく、そのまま使用を続けてしまうことはおすすめできません。化粧ブラシをはじめ、パウダーをのせるパフやスポンジ、ビューラーなども定期的に洗うことが大切です。特に肌に触れるファンデーションのスポンジやパフは、使用するたびに皮脂の汚れや肌表面の雑菌が付着するため、気づかないうちに不潔な状態になってしまいやすいです。その状態で使い続けると肌荒れやニキビの原因となってしまいます。また付着した化粧品が固まり、使いづらくなってしまうこともあります。せっかく使用するメイク道具が肌荒れやメイクの仕上がりを悪くしてしまったら意味がありません。ですから、定期的にきちんと洗うことで清潔な状態に保つことが大切です。また、ついつい忘れがちになってしまうという人は、あらかじめ使い捨てのメイク道具を選ぶというのも1つの方法かもしれません。使い捨てのメイク道具には様々な種類があり、アイメイク用のチップ、リキッドファンデーションやパウダーファンデーションのどちらにも使用できるスポンジなどとても便利です。定期的にきちんとメイク道具を洗う、もしくは普段から使い捨て用のメイク道具を使用するなど、雑菌から肌を守るために対策をしっかりととりましょう!体調が悪いときや掃除をする時にマスクを着用しますが、それ以外にもちょっと出かける際にメイクが面倒だからとマスクを着用している人もいるのではないでしょうか。簡単に素顔を隠すことができるので手間いらずで便利だなと感じることもあるでしょうが、実は肌にとってはデメリットもあるのです。マスクを着けているとマスクの内側が蒸れてしまうことはありませんか?口元や鼻を覆ってマスク内で呼吸をするため、その際の息や熱がどうしてもマスクの内側にこもってしまいます。そうすることで肌の乾燥を防げるような気もしますが、実は湿度が上がるという事はそれだけ雑菌が繁殖しやすく肌が不潔な状態になってしまうと言うことなのです。もともと肌には目に見えない細かなほこりや雑菌が付着していますが、マスクをつけることによってその雑菌をさらに増やしてしまうのです。そのためマスクをつけることによって吹き出物やニキビができてしまうことも少なくありません。もちろん体調が悪い時や掃除をする際に喉の保湿や、ほこりから守るためにマスクを着用することは大切です。また花粉症でマスクが手放せないという人もいるでしょう。しかし、それ以外の場合には極力マスクをつけず清潔な状態にすることが肌をきれいに守る秘訣でもあります。またマスクを着用する際は、なるべく長時間の着用を避けるよう心がけましょう。間違っても一度使用したマスクを繰り返し使用するなど肌に悪い使い方はやめましょう。これからマスクを使用する際は、こうした点に気をつけていきましょう!新小岩スグの美容院