まつげの生え変わりについて

まつげの生え変わりについて

まつげにも生え変わるサイクル、発毛周期があります。まつげが作られて、生えてきて成長して、その成長が終わってまた新しい毛が生えてくるというような事が繰り返されています。なのでまつげには成長期、退行期、休止期、育毛期と4つの周期があります。人によって違いますが、大体早い人で一か月から長い人で3か月をかけてサイクルを一周します。非常に速いサイクルなのでまつげはどんどん伸びて、短い間に抜けていくわけです。まつげの成長期というのはまつげの伸びる時期で、周期の約8割がこの成長期です。この成長期にまつげ美容液で保湿をしていくとまつげが健康になり、成長期の間は抜けづらくなるのです。逆に成長期にまつげエクステやつけまつげ、マスカラでまつげを傷めてしまうと、まつげの成長を阻害してしまい抜け落ちてしまい次の周期が来るまでまつげが生えなくなってしまいます。ですから積極的にまつげのケアを行ってまつげを健康にしていきたい時です。そして退行期、休止期とまつげの成長が止まる時期が来ます。この時期のまつげはただ生えているだけという感じなのでちょっとしたダメージでも抜けやすい状態になっています。なのでより慎重に扱わなくてはいけない時期です。まつげも髪と同じように日頃のケア次第で変わってくるので、メイクの落とし方にも気を付けたりと工夫しながら、太く元気なまつげにしていきたいところです。パッチリとした目元になるように頑張りましょう。まつげエクステやまつげカールをしていたり、毎日のビューラーやマスカラでもまつげは傷んでしまいます。どうしたらまつげを元気にしていけるのか考えてみました。まつげ自体は髪と同じ成分で、根元も皮膚なので丁寧にケアをしていかないといけない場所です。まず簡単に出来る方法としてはアイメイクの落とし方を工夫しましょう。まつげはとても繊細なので、アイメイク専用のクレンジングで優しくそっと落とすようにします。指先でこすったりはしないでコットンにクレンジングを含ませて、優しくパッティングをするようにメイクを落としていきます。最初に瞼の上にコットンをおいてから前方にゆっくり滑らせていくやり方が良いです。そして、メイクを落としたら必ずまつげ美容液で保湿をします。lまつげも髪の毛と同じなので日頃乾燥しがちです。まつげに塗るだけではなくまつげの生え際に塗る事も大事です。まつげの毛周期は1か月から3か月なのでその期間中に集中的にトリートメントをしていくと傷みもかなり改善されると思います。まつげの為に取りたい栄養素もあります。L-シスチンに含まれるイオウは皮膚や体毛、爪の主成分のタンパク質を作る大事な成分です。毛や肌、髪を健康に保つ効果があります。牛肉や羊肉、牛乳、鮭などに多く含まれているので野菜などと組み合わせながら摂取をしていきたいものです。鶏肉、マグロ、かつおなどにも必須アミノ酸の一つのメチオニンが多く含まれていてヘアケアや老化防止に効果があると言われています。バランスよく栄養素も取っていきながら健康なまつげにしていきましょう。美容室 調布駅 カット カラー おすすめ 安い