悩みを伝える

悩みを伝える

美容室に行き担当美容師とのカウンセリングに入るとき、もちろん自分のなりたいスタイルを伝えますよね。その時にもさらに自分がしてほしくない事はきちんと伝えた方が良いですね。これはある意味してほしい事よりももっと強調して伝えるべきです。かつて失敗したことのあるヘアスタイルやメニューもきちんと伝えた方が良いですし、自分が今髪の毛について悩みがあるならばそれもきちんと伝えておきましょう。たとえ少し自分が思っていたヘアスタイルとは違っていても、もしも取り扱いがとても楽なヘアスタイルになれたなら、それで満足できることもあるかもしれません。美容師は髪の毛のプロのはずですから、お客さんがなりたいスタイルにする事も勿論ですが、髪の毛の悩みを解決する事も大切な仕事なんですよね。ですからこんな事で悩んでいる、こういう事が自分ではうまくできない、という事をきちんと伝えておきましょう。それを伝えることによって、美容師はお客さんの希望するスタイルに仕上げる事と同時にその悩みを解決するにはどうしたら良いか、という事を考えてくれます。もしもなりたい事ばかり主張していたら、その悩みは解決しないまま、もしくはさらに扱いづらいヘアスタイルになってしまう可能性もあります。美容室を予約する時に大抵の場合「美容師の希望はありますか?」と聞かれますよね。すでに常連さんとなっている場合には抵抗なく「〇〇さんでお願いします」と言えるものですが、そうではない場合には、誰を指名したら良いのか解らない、前回と指名する人を変えるのは失礼かな、など色々な事を考えてしまって、結局「誰でもいいです」などと言ってしまいがちなものです。ですがここでもはっきりと自分の希望を伝える必要があると思うんですね。そうしないと担当美容師次第では相性が合わなかったり思った通りにならなかったり、という事もあります。それは美容師の腕が良いとか悪いとか、という事ではなく、オーダーしたメニューが得意かどうか、という問題も有るんですね。ですから個人の名前を挙げて希望するのはちょっと抵抗がある、という場合には、自分のなりたいスタイルを伝えて、それが得意な美容師さんでお願いしたい、と伝えてはどうでしょうか。たとえば「ボブスタイルにしたいから、得意な美容師さんでお願いします」と言えば、たとえ前回の美容師さんの名前を出さなかったとしても失礼には当たりません。自分と同じ年代が好むスタイルを解ってほしければ、「出来れば若い方で」とか「ベテランの方で」等と言う言い方もできますね。大島 美容室