プリン状態に気付く時期

プリン状態に気付く時期

ヘアカラーをしている人なら誰でも「プリン状態」に悩んだことがあると思います。確かに髪色がプリン状態になるのはみっともない、と解ってはいてもなかなか頻繁に美容室へ行くことはできませんし、行く時間があったとしても何度もカラーリングにお金をかけるのは大変だ、と感じる人も多いでしょう。多くの人が初めてカラーリングをする時には、どんな髪色にするか、という事に考えが集中してしまっていて、その後その髪の毛が伸びてくるとどのような状態になるのか、という事まで考えない人が多いのですよね。自分がどれぐらいの頻度で美容室へ行く事が出来るか、とかどれぐらいの髪色なら伸びてきても地毛の色が目立たないか、という事までなかなか考えませんし、そこまでアドバイスしてくれる美容師も少ないのかもしれません。ですからプリン状態になってみて初めてこれは困った事になったな、と思ってしまうのではないでしょうか。プリン状態が気になり始めるのは、普通はカラーリングをしてから1・2か月ですね。意外と速いと感じる人がおおいのではないでしょうか。ですからもしもプリン状態が嫌であれば1・2か月の頻度で美容室へ行くのが正解、という事になります。ですが多くの人はその度に染め直すのは大変、と感じている事でしょう。どんなにカラーリングがきれいに出来て自分の気に入る髪色になったとしても、残念ながらカラーリングをした髪の毛というのはその色をずっと維持する事はできません。それはどうしても人の髪の毛は伸びてくるからです。髪の毛を染める事が出来るのは、その時生えている部分だけであって、これから生えてくる髪の毛まで染める事は出来ないからです。ですから段々と髪の毛が伸びてくると新しく生えてきた部分だけが地毛の色になります。黒髪の人が明るめのカラーにした場合、目に見える感じでは頭頂部だけが黒い、という事になります。それをいわゆる「プリン状態」と言う人が多いのですが、そうなってしまうとその地毛の色の部分によっては「この人はカラーリングをしてから随分と経つのに放置しているのだな」という印象になってしまいます。髪の毛が伸びるのが比較的早い人ですと、一か月もたつとプリン状態が目立つようになります。だからといって一か月毎にカラーリングをやりなおすのは時間もお金もかかってしまい、かなりの負担になります。そんな時に役に立つ対処方法やヘアアレンジ方法を知っていると、少なくともいつも美容室に行くサイクルぐらいまでは、プリンを目立たなくしたり誤魔化したりすることができるようですから、そういう手段を身に付けておくとよいですね。三宿でまつエク