プリン状態が目立たない染め方

プリン状態が目立たない染め方

一度カラーリングをしてしまうと、しばらくすると頭頂部がプリン状態になることは避ける事が出来ません。そうなってから悩むよりもカラーリングをする前にその事を踏まえてどんな色に染めるのが良いか、という事を考える方が良いですね。カラーの選び方によってはたとえ髪の毛が伸びてきてもあまりプリンに見えない髪色も有ります。たとえば黒をベースにしてブラウン系のカラーリングにするとあまり明るくならずに落ち着いた感じに仕上がります。よく仕事関係でカラーの色に制限のある人などが選ぶ髪色ですが、特に初めてカラーリングする人にとっては失敗も少なく試しやすい髪色です。その人の印象を劇的に変えてしまうのではなく、優しい変化となるので周囲からの評判も悪くならないのが普通です。こういう暗めのカラーリングであれば例え頭頂部から地毛の黒髪の色が見えるようになったとしてもあまり目立ちません。初めて髪を染める人の多くは、これまでの自分とは違う自分になれるような髪色を選択する人が多いのですが、結果的にその色に満足する人は少ないと言われていますし、あかるくなりすぎるとその後のプリン状態に悩まされることになりそうです。ですから最初は落ち着いていて出来るだけ地毛を少し明るくする程度の色の選択にしておく方が無難ですね。カラーリングに慣れてきてから明るい色に挑戦するとよいでしょう。プリン状態が気になり始めたら、全部を染め直すのではなく「リタッチ」と言う方法で染める事ができます。リタッチとは、髪の毛の伸びてきた部分だけに他の部分と同じような髪色にカラーリングをして伸びえ来た部分を目立たなくさせる方法です。リタッチだとお金も時間も全体的に染め直すのよりはかなり負担が少ないようです。時間は1時間から1時間半ぐらいで仕上がりますし、費用についてはリタッチ料金を設けいている所が多いです。リタッチ料金ではなくてもショートのカラーリング料金で対応してくれるところもあります。カラーリングをしてもらった所の美容室で確認してみるとよいですが、殆どの所で通常料金よりは安く設定されています。たとえば本格的に染め直すのは4か月に一度程度、そしてその間をリタッチで地毛の色の部分だけ染め直す、というサイクルにするのも良いですね。その都度染め直すのよりはかなり節約になることでしょう。リタッチは自分で出来るような市販薬も販売されています。ですが一度美容室で染めた髪の毛と同じ色に市販薬でリタッチする、というのはかなり難しいです。やはり美容室でお願いした方が無難でしょう。もしもリタッチだけは市販で、と思うのであれば市販薬でも対応できそうな色にあらかじめ染めておくのが良いかもしれませんね。相模大野にある美容院