サンバーンとサンタンの違いを理解して日焼けしよう

サンバーンとサンタンの違いを理解して日焼けしよう

夏といえば日焼けの季節。1年を通して唯一健康的に肌を焼くことができる季節のため、日焼けのために海に行くという人も多いかもしれません。若い肌なら再生力が高いため日焼けをしてもシミにはなりにくいのですが、年齢が高くなってくるとどうしてもシミができやすくなります。紫外線によって肌を焼くときには日焼けの種類について知っておく必要があります。日焼けをしたときに赤くなって皮が剥けたり、水膨れのようになってしまった経験のあるひともいると思いますが、これはサンバーンと呼ばれる状態です。紫外線の中のUVBによって引き起こされて症状がひどいときには病院に行く必要も出てきます。すぐに冷やすようにして肌の焼きすぎには注意するようにしましょう。肌が黒く焼けるのが理想的な日焼けですが、これはサンタンと呼ばれる状態です。UVAによって引き起こされシミが残ってしまう可能性のある焼き方です。きれいに焼くためにはUVBをカットしつつUVAで適度に焼くということが大事になります。サンオイルを使って焼くのが一般的ですが、その時にもUVBをカットするSPFの値に注目して選んでみるようにしましょう。紫外線に対して肌が強いかどうかは個人差があるため、いきなり焼きすぎてしまうと確実にシミとなってしまいます。その後のケアによってシミを消すことはできますが日焼けをする段階で肌にダメージが残りすぎないように注意をして焼いていくようにすると快適な夏を過ごすことができます。シミのないきれいな肌は女性にとっての理想です。シミや毛穴の汚れを消すことができれば自然ときれいな肌になっていくわけですがなかなかそれができないという人も多いかもしれません。シミができてしまう理由はいくつも原因があります。紫外線の影響、けがによる肌の傷み、スキンケアをしているときの摩擦、メラニンの作られやすい食生活などが考えられます。紫外線対策は日焼け止めだけでは完ぺきとは言えません。夏になると紫外線は強くなるため、日焼け止めだけでなく帽子、日傘、日向を避けるなどの注意も重要になります。ケガをすると肌の表面だけでなく真皮層まで傷がつくことがあり、真皮層は角質層に比べて再生が遅く、跡が残ってしまいます。真皮層の回復のためにはコラーゲンを摂取して行くことが大事になります。スキンケアのときの摩擦はクレンジング、洗顔、洗顔後のタオルでのふき取りなどがあります。意識していかないと気が付いたらシミができていたなんてことにもなるから注意しましょう。メラニンの生成を抑えた食生活も重要になります。ビタミンCが大事な栄養となりますが、柑橘類の中には光毒性を持つものあり紫外線に対して過剰に反応してしまうことがあります。シミを作らない栄養を朝食で摂取していくと紫外線の影響を弱めることにつながります。毛穴に詰まった汚れは角栓と呼ばれ、角質と皮脂の混ざったものとなります。クレンジングと洗顔でしっかりと洗うことはもちろん毛穴をしっかりと開いた状態にして角栓が落としやすい状態を作ってからケアしていくと毛穴汚れも目立たなくなりますよ。門前仲町 美容院