体内が水分不足になる

体内が水分不足になる

「帯電体質」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。帯電体質というのは静電気が溜まりやすい体質の人のことを言います。私達は日常で「今静電気が溜まっている」と言う事を意識する事はありませんよね。ですが実際には体内が水分不足になってしまうと静電気が溜まりやすくなるのだそうです。私達が「体内の水分が不足している」と感じるのはどのような時でしょうか。おそらく一番解りやすいのは肌が乾燥している、と感じることではないでしょうか。肌の水分量が少なくなると放電がしにくくなり、静電気が体内にたまりやすいのです。髪の毛も同じことで、髪の毛も体の一部と考えると髪の毛も乾燥してしまっている、と言えることになります。体内の水分量を保つには、水分補給をするのは勿論なのですが、水分をこまめに取ることが効果的な様です。また塩分が多い食事も良くありません。また口呼吸を鼻呼吸に変えるだけでも効果があるようです。また意外なところでは筋肉を増やす事で体内の水分量を保つことができるようです。筋肉は脂肪よりも水分を保ちやすいのです。年齢を重ねて運動不足になると脂肪が増えてしまって筋肉が落ちてきます。年齢肌が乾燥肌になってしまいがちなのは体内の筋肉量の減少に伴い体内の水分量が減ってくるから、と考えると納得できますね。髪の毛が乾燥している、という状態になってしまう大きな原因はダメージケアです。ダメージケアになるとキューティクルが傷ついているので内部の水分が流れ出てしまっている状態なんですね。だから髪の毛が乾燥してしまってパサパサしてしまうんですね。この状態だと静電気の影響をとても受けやすくなります。おそらくダメージヘアの人は静電気が帯電されやすくなっているので、他のものとの摩擦ですぐに静電気が発生してしまうんですね。たとえばヘアブラシで髪の毛を梳かしただけでもバチバチと言ったり広がったりして静めるのが大変な状態になってしまうでしょう。髪の毛を乾燥させないためには水分量がきちんとキープできる健康的な髪の毛であることが大切です。ですがいきなりダメージヘアを潤いのある髪の毛に改善する事が無理ですね。新しく生えてくる髪の毛ができるだけ健康的であるように注意しながら、ダメージの部分はヘアケア剤を利用して水分量を自分でコントロールしたり、これ以上水分が逃げて行かない様にコーティングするような措置を取ることが必要になるでしょう。ダメージヘアの原因は主にパーマやカラーリングの繰り返しだと言われていますが、紫外線にさらされる、など日頃の生活に関係している事もよくあるようです。美容室 ヘアサロン 宇都宮 カット カラー パーマ 口コミ 人気 主婦