ツヤ肌とマット肌ってどう違うの?

ツヤ肌とマット肌ってどう違うの?

よく今はツヤ肌が流行っているとか、マット肌が流行っているだとか耳にしませんか?でも具体的にツヤ肌とマット肌とはどう違うのでしょうか。また受ける印象の違いも考えてみました。ツヤ肌とは潤い感、パール感、素肌感などの質感を演出するつややかな肌の事を言います。肌のかさつきがなく、しっとりとして見える肌で素肌のような薄づきな肌です。ツヤ肌は若々しく見えるという所がポイントです。そしてマット肌というのはお肌がてかっていない、艶々さがないお肌の事です。キメが細かく見えて上品で落ち着いた印象に見せてくれます。いつでもサラっとした印象で見られたい方にお勧めです。肌トラブルや色むらをカバーしやすい利点もあります。落ちつきすぎているのが嫌だという人にはセミマットやハーフマットといった透明感のあるマット肌というのも人気です。少しパール感を出してマットな肌に仕上げる肌の事です。一見どちらも素敵なように見えますが、デメリットもあります。ツヤ肌のデメリットは上手にお化粧をしないと皮脂がてかっているように見えてしまっていたり素肌が整っていないと難しい所です。マット肌のデメリットとしてはイキイキした感じには見えないという所です。以上、ツヤ肌とマット肌の違いは分かりましたか?自分はどちらが似合うのか考えてみるのも楽しいですね。なりたい自分のイメージに合わせてこの春新しいメイクに挑戦してみるのも良いと思います。髪を切ったりパーマをかけたりしなくても手軽にイメチェンをしたいって思っている人も多いはずです。まずは簡単にチークの入れ方で印象を変える方法を実践してみましょう。清楚で可愛い雰囲気になりたいなら、チークの入れ方はほっぺたに丸く入れるのがポイントです。頬骨の高い位置に丸くチークを入れる事で顔全体を柔らかい表情に見せてくれます。女の子っぽい雰囲気になりたい方にお勧めです。表情もより明るく見えるようになりますね。大人っぽく見せたいという方には鎖骨にチークを入れると良いです。鎖骨からこめかみに向かって斜めにチークを入れると顔全体が引き締まり、大人っぽく見えるようになるのです。顔にメリハリを出したいって方にもお勧めの方法です。また可愛くも、色っぽくも見せたい方には目の下にチークを入れるのがお勧めです。最近の流行のチークの入れ方ですね。目のすぐ下に平行にチークを入れていきます。目が強調されるようになり色っぽさも増しますし、個性的にも見えるようになります。一番変化が出やすいチークの入れ方になります。ちなみに2017年のトレンドのチークカラーは薄いオレンジ、薄いピンク、ベージュだそうです。抑えたカラーが人気なようですね。なのでこれらの色を使って色んなチークの入れ方に挑戦してみたいものです。自分のなりたい雰囲気に合わせて、持っているチークで簡単にイメチェンをしてみましょう。きっと新しい自分に出会えると思います。整体 恵比寿 ハイパーナイフ 矯正 クーポン おすすめ